費用を気にせず建てられるローコスト住宅がお勧め

長く住み続けるためには

人生の節目に住宅を購入しようと考える人は多いものです。家族の将来を豊かなものにしていくためにも大阪で快適に生活ができる住宅を選択できるように特徴を把握しましょう。分譲住宅や注文住宅、戸建てにはそれぞれメリットがあります。

郊外も検討しよう

積み木

一戸建てを購入したいというときには、立地にも注目してみましょう。川西の中でも郊外であれば、自然も多く、費用も抑えることができます。購入前には下見を行ない、住宅や周りの環境をチェックすることも大切です。

家には資産価値も考える

住宅模型

家には何十年も住むのだからと建売住宅を購入する人もいますが、実際に高齢になるともっと便利な所に引っ越したり、平屋に建て替えるという人も多いです。将来を見据えて名古屋に家を建てるなら、家の資産価値を落とさない注文住宅を工務店に依頼するのがお勧めです。

安く購入できる戸建て住宅

ウーマン

人件費や仕入れ値を安く

地価の高い都市部では、ローコスト住宅の需要が高まっています。ローコスト住宅とは、通常よりも少なめの費用で購入できる戸建て住宅です。安く購入できるといっても、決して極端に狭かったり、古かったりするわけではありません。戸建て住宅として一般的な広さとなっていても、築年数が少なくても、他の戸建て住宅と比較すると価格が安めなのです。なぜ安いのかというと、ローコスト住宅では、手軽に建築できるような工夫が凝らされているからです。たとえば屋根材には、1枚1枚が小さい上に重量のある瓦ではなく、幅が広い上に薄く軽量なスレートなどが使われています。大きく軽いのですから、手軽にスピーディに屋根全体に敷き詰めることができます。すると工期が短くなる分、人件費が多くは発生しなくなります。加えてスレートは、瓦よりも仕入れ値自体が安いので、その点でもかかる費用が少なめになるわけです。また壁も、柱と柱の間に珪藻土などを塗り込んで固めるのではなく、多くの場合はパネルをはめ込むことで作られています。これによっても、手間および費用が少なめになるのです。こういった構造や素材における工夫から、ローコスト住宅は、一般的な戸建て住宅の約3分の2という費用で建てることが可能となっています。その分販売価格も安く、具体的には戸建て住宅の場合、土地を除いた価格は1700万円ほどが平均となっているのですが、ローコスト住宅の価格は1000万円前後が相場なのです。